• SITEMAP
  • KOREAN
  • CHINA
  • JAPAN

自然科学大学では自然現象を支配する自然法則を明らかにし、自然を理解し自然の一部である人間を理解し、自然と人間が調和して共存できる方法を探し出すための研究と教育をしている。また理論を通じ論理的な推論と実験、実習を通じた現場教育を並行させ、基礎科学に対する理解と共に応用能力を持った有能な人材養成のため最善を尽くしている。学問間の壁が薄くなり崩れ新しい時代にはあらゆる分野の基礎科学の知識を同等に持った卒業生の需要が大きくなることと予想される。従って自然科学大学では各学科の専攻知識はもちろん教養科目を含め様々な分野の知識も同等に持った幅広い人材の養成に力を入れている。

  • 数学科
  • 物理学科
  • 生命科学科
  • 化学科
  • 生命工学科
  • 統計情報学科
  • 看護学科

統計情報学科

はじめに

産業革命以後、近代社会の発達と共に誕生した統計学は21世紀の知識情報化時代を迎え、新しい発展を繰り返している。情報(IT)と生命(BT)技術の飛躍的な発展により日々巨大なデータが積み重ねられ、この大量のデータを効率的に処理し、その中で有用な情報を合理的に探し出す能力が切実に要求されるためである。
統計情報学科ではこのような社会的需要に応えるため学生が統計学の基本原理を理解することはもちろん、社会科学、医学、保険学、経済、金融、経営等のような様々な分野で広く活用される統計的理論を理解し、これを応用することのできる能力を備えるよう教育させることを目標にしている。また校内の統計調査研究所にインターン研究員として参加できる機会を提供することで統計理論と実務の両面を深く学べるようにしている。卒業生は調査機関、金融機関、公務員、公企業、企業の統計分析や品質管理分野、ソフトウェア関連分野、研究所等に進出している。

教授

Copyright© 2013 The UNIVERSITY OF SUWON. All rights reserved. Mail to Webmaster.