• SITEMAP
  • KOREAN
  • CHINA
  • JAPAN

自然科学大学では自然現象を支配する自然法則を明らかにし、自然を理解し自然の一部である人間を理解し、自然と人間が調和して共存できる方法を探し出すための研究と教育をしている。また理論を通じ論理的な推論と実験、実習を通じた現場教育を並行させ、基礎科学に対する理解と共に応用能力を持った有能な人材養成のため最善を尽くしている。学問間の壁が薄くなり崩れ新しい時代にはあらゆる分野の基礎科学の知識を同等に持った卒業生の需要が大きくなることと予想される。従って自然科学大学では各学科の専攻知識はもちろん教養科目を含め様々な分野の知識も同等に持った幅広い人材の養成に力を入れている。

  • 数学科
  • 物理学科
  • 生命科学科
  • 化学科
  • 生命工学科
  • 統計情報学科
  • 看護学科

生命科学科

はじめに

生命科学とは宇宙に存在する全ての生命体の生命現象を論理的に理解しようとする学問である。また動物、植物、微生物のような生命体それ自体だけでなくこれらと周辺環境との相互関係、そして時間により生命体が発展してきた進化過程まで含む非常に膨大な学問である。同時に物理学、化学、数学科のようにあらゆる自然科学がお互いに調和し生命の神秘を解く統合的基礎科学分野とも見ることができる。本学科では学生に生物学の基礎になるあらゆる重要概念等を理論講義と実験等を通じバランス良く教育させ、本格的な生命科学時代に応える科学人材として養成しようとしている。
ひいては基礎生物学知識を応用する食品栄養学、環境工学等を副専攻として選択できる機会が与えられ卒業後、一般大学院だけでなく教育大学院、歯科専門大学院または薬学専門大学院などに進学し、様々な職業に進出できるよう精密に教育課程を準備している。卒業後には食品、製薬、化粧品、畜産、農作物、環境、国公立研究所、臨床研究所など生物学知識が必要な分野は全て進出できる。

教授

Copyright© 2013 The UNIVERSITY OF SUWON. All rights reserved. Mail to Webmaster.