• SITEMAP
  • KOREAN
  • CHINA
  • JAPAN

1981年の開校と同時に設立された工科大学は、1988年に総合大学校への昇格と共に工学部から工学大学へ移行した。これからも優秀な教授の招聘をすると共に、需要志向的な工学教育の革新と現場に合わせた工学教育の堅実な改善、研究基盤拡充の持続的な推進を通じ、やがて来る融・複合産業社会を先導することのできる特性化された工学専門家を養成することに努力する。

  • 土木工学科
  • 建築工学科
  • 産業情報工学科
  • 電子材料工学科
  • 都市不動産開発学科
  • 機械工学科
  • 新素材工学科
  • 電気工学科
  • 電子工学科
  • 化学工学科
  • 環境エネルギー工学科
  • 付録

電子材料工学科

はじめに

電子材料工学科は材料工学と電子工学を学び、理解すると同時にその相関特性を電子材料応用分野に繋げる 学際間の教育課程として最近の世界的な趨勢である融合技術を根幹とした実用的な学科である。本学科では急変する21世紀に企業と社会のニーズに応え、半導体を始めセラミック、金属、高分子など主要素材に関する学問と電子回路、回路理論、素材理論等の電子分野基礎学問を連携し学び、これを根拠として様々な手動部品、トランジスター、センサー、アクチュエーター、光素材、ナノ素材、LCD駆動原理、LED特性、半導体工程、セラミックモジュール工程、パッケージングなど部品素材の駆動および工程特性について学ぶ。同時にこのような部品素材用の新素材と工程過程に関する実験、実習を大規模な半導体工程実習が可能な校内研究センター(TICEM)のクリーンルームで直接経験することで既存の材料工学科や電子工学科で輩出が不可能な実務的で特性化された関連分野の人材等を養成している。

教授

Copyright© 2013 The UNIVERSITY OF SUWON. All rights reserved. Mail to Webmaster.